人類遺産5000年の傑作たちを
名古屋でご覧頂けます。

ご利用案内

ご来館のお客様へのお願い

【新型コロナウイルス感染症の予防のためのの対策】
出入口にアルコール消毒液を設置しております。
お客様および当館スタッフへの感染防止のために、スタッフがマスクやフェイスシールドを着用して対応させていただきます。
ただし、気温・湿度が高い状況でマスクを着用することにより、熱中症となる危険があるため、十分に距離が確保できる場合にはマスクやフェイスシールドを着用しない場合がございます。
エレベーターやエスカレーターなど多くの人が手を触れる場所については、こまめに消毒および清掃を行っております。
会場内の適切な換気を行っております。
当館スタッフの手洗い及び健康チェックのための検温を徹底しております。
サーモグラフィまたは体温計による体温測定を入館時に実施します。(館内の通り抜けのみの場合も体温測定が必要です。)
※37.5度以上の発熱がある場合には入館をお断りいたします。
混雑時には、入場をお待ちいただく場合がございます。

【お客様へのお願い】
以下のお客様につきましては、ご来館をお控えいただきますようお願いいたします。
*37.5度以上の発熱や咳、くしゃみ、鼻水などの風邪の症状がある方。
*体調がすぐれない方。
*過去2週間以内に発熱や風邪の症状等で受診や服薬等をした方。
*感染拡大している地域や国への渡航歴が14日以内にある方。
展示室内等で激しく咳き込まれる等、風邪のような症状のある方には、スタッフがお声がけし、ご退出をお願いする場合がございます。
こまめな手洗いにご協力をお願いいたします。
化粧室には液体せっけんを備えております。ご観覧前の手洗いにご協力をお願いいたします。
マスク着用など、「咳エチケット」にご協力をお願いいたします。また、お客様ご自身におかれましても、感染予防対策をお願いいたします。
飛沫予防のため、会場内での会話等は極力お控えいただきますようお願いいたします。
他のお客様と十分な間隔を保ってご観覧ください。
館内で体調が悪くなられた場合は、お近くのスタッフまでお申し出ください。

入館料
個人 団体
(20名以上)
一般 2,000円 1,700円
高校・大学生 1,000円 850円
中学生以下 無料

※一階駐車場管理事務室にて観覧券をお買い求め下さい。
※各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者1名は1700円。
※学生の方は窓口で学生証をご提示ください。

入館時間 9:00~17:00 (入館16:30まで)
休館日 土曜日・日曜日・祝日
(但し、貸切・事前予約・特別開館日は開館)
◇2023年特別開館日◇
5月3日(祝・水),4日(祝・木),5日(祝・金),6日(土)
※ 休館日に入館をご希望する方は必ず事前(3日前)にお電話にてご予約いただきますようお願いいたします。
※ 特別貸切のご予約がない時に限り予約を受け付けております。
鑑定貸切りについて 鑑定貸切りについて 貸切料金は、2時間程度で50,000円。
3点陶磁器・美術品を無償で鑑定いたします
本館では、中国の陶磁器・美術品を無償で真贋・市場参考価値を鑑定するサービスを行っております。私たちはこれまで、官窯陶磁器に対する知識不足や、あえて古く見せかけるために意図的に汚す、硫酸や化学物を塗る、といった破壊行為、あるいは適切な保存を行わず放置したり、他者に騙されるといった事例を数多く見てきました。
本サービスは、貴重な陶磁器を人類の遺産として守り、後世に伝えるための防護活動の一環として行っているものです。3点までの持込で通常18万円の鑑定費が無料となります。【一点6万円×3点の料金】
※4点以上の場合は一点25,000円の追加鑑定費が必要となります。美術品一点毎に当館の所蔵するコレクションを使用して比較検証と作品の解説をいたしますので、貸切りで行います。
鑑定項目(appraisal items)胎土比較解析 (clay comparative analysis)発掘陶磁器土浸比較解析 (soil penetration of excavated ceramics comparative analysis)伝来・窖蔵・発掘の識別のための酸化比較解析 (oxidation comparative analysis to discern assignment, heirloom and excavation)釉薬色比較解析 (glaze color comparative analysis)器形(古代風行)比較解析 (shape comparative analysis)絵画技法・絵柄・彩絵特徴比較解析 (characteristics of painting technique, pattern, painting color comparative analysis)落款筆跡使用原料色比較解析 (color of seal and signature comparative analysis)窯特定比較解析 (kiln identification comparative analysis)陶磁器内側作法比較解析 (ceramics’ inside comparative analysis)陶磁器胴体の修正方法比較解析 (ceramic restoration method comparative analysis)口造り~高台までの厚みの変化&重量比較解析 (change in thickness&weight from mouth to foot comparative analysis)官窯民窯比較解析 (imperial and private kiln comparative analysis)釉薬&胎土 拡大鏡(10-1000倍)による比較解析 (glaze & clay comparative analysis with magnifying glass of 10-1000x)発掘陶磁器匂い比較解析 (smell of excavated ceramics comparative analysis)高台畳付き(底)摩擦度比較解析 (friction degree ofo ttom comparative analysis)高台内の釉薬有無や修正方法解析 (glaze of bottom and its modification method comparative analysis)以上の項目により鑑定を行っております。【熱ルミネッセンス鑑定について】 陶磁器鑑定時には「熱ルミネッセンス法」を用いた年代測定があります。熱ルミネッセンス法では作品に4mm~3mmの穴を開けサンプルを採取します。歴史的人類遺産の破壊行為となるため本館ではそのような行為は一切いたしません。 本館の活動によって、コレクターの皆様が、よりいっそう高い知識を得られるとともに、官窯陶磁器の真の価値や美しさを、お楽しみいただけることを願っております。
本館の美術品収集について 本館の美術品収集は、おもに国際オークションのSotheby's(サザビーズ)、Christie's(クリスティーズ)や、日本全国で地域ごとに行われているオークションイベント、茶源、富士国際オークションをはじめとする公式オークション会社、ネットオークションのほか、実際に現地に出向いての買い付けや、代行サービスにて買取・展示しています。 個人のお客様との直接的なお取り引きは、一切行っておりません。当館への持ち込みやお問い合わせはご遠慮いただいております。ご理解とご協力をお願い申し上げます。
本館
汝窯青磁に
ついて
本館旧蔵『汝窯青磁』中国『北・宋朝』1082-1135年の『宋徽宗,赵佶』氏、『北・宋朝』の第八代皇帝により作られた焼き物『中国清凉寺汝窯青磁北宋天青釉缠枝纹大盘』美術品につきましては、地震や振動による破裂や破損を防ぐ為に、特別な保管場所に保存しており、通常時の展示はしておりませんがご覧になりたい方は特別貸切の場合のみ公開を致しております。

※ 鑑賞をご希望する方は必ず事前(2日前)に下記までご連絡ください。

※ 貸切の際には当館に展示されている中国宋朝960ー1127年の『五大名窯』より、さらに状態のよい中国『国宝』に認定され『国家一級文物』として貴重価値がもっとも高い『宋朝』の傑作品、『五大名窯』『官窯』『哥窯』『鈞窯』『定窯』此れらの『文物』美術品も同時に展示致します。
※ 特別貸切につきましては、ご不明な点がございましたらお問合せ頂けると幸いです。

お問合せ
(株)シンカトリ TEL:052-541-2696

名古屋東洋官窯陶磁美術館について

名古屋東洋官窯陶磁美術館では、館長 富つよし氏が10代から30年間にわたり蒐集したコレクションが展示されています。今まで蒐集してきたものの中から、東洋官窯陶磁を中心に、ここでしか観ることのできない、選りすぐりの逸品のみを展示しております。主に中国では、『国宝』に認定され『国家一級文物』として貴重価値が高い『漢朝』の青銅器及び『東・漢朝』紀元23年から『清朝』紀元1911年までの宮廷専用の『官窯』陶磁器、モンゴル『元朝』1206年~1635年の宮廷専用『青花』陶磁器等、中国『国宝』『国家一級文物』級の美術品150点以上をそれぞれの年代毎に系統的に展示してあります。その中で特に皆様にご注目いただきたいのが、世界的に有名な中国元朝の染付『鬼谷子下山』大罐、全世界に8個しか無い中国『国家一級文物』及び明朝成化官窯1464年から1487年の『成化斗彩鸡缸杯』英語ではチキンカップ、成化皇帝の中国統治時代15世紀に皇太后の献身的な行為に感謝の気持ちを伝える為に中国南部の景徳鎮官窯で作られたと言う名品及び世界中でもまだ30 cmを超えるものは未確認とされている『汝窯青磁』です。中国『北・宋朝』1082-1135年の『宋徽宗,赵佶』氏、『北・宋朝』の第八代皇帝により作られた焼き物『中国清凉寺汝窯青磁北宋天青釉缠枝纹大盘』であります。勿論、中国では、『国宝』に認定され『国家一級文物』の美術品です。
名古屋東洋官窯美術館の宮廷専用『官窯』青磁や『汝窯青磁』については、日本国内の考古学者及び中国の『北京故宫博物院』の考古学者や台湾の考古学者の方々から驚きの声を頂いてます。
東洋官窯陶磁美術館として、日本の江戸時代を中心とした代表的な古伊万里、有田焼、九谷焼、織部焼、平安時代に中国『北魏〔386~534年〕』の北魏様式の影響を受け誕生した平安時代の貴重な観音菩薩像、及び、韓国『李朝』や『高麗(こうらい)王朝〔918~1392年〕』青磁など東洋が誇る官窯陶磁のコレクションを展示しています。
先人たちの残してきた傑作を、より愉しんでいただけるよう、展示設備にもこだわっております。

日本江戸~明治・モンゴル1206~1635年・李朝1392~1897年・中国紀元前200~1908年・各代皇帝用<貢瓷> <官窯>陶磁器・青銅器等

名古屋東洋官窯陶磁美術館とは

名古屋東洋官窯陶磁美術館とは

個人収集品の研究討論会について

コレクター同士の研究討論会を不定期で開催しております。
個人収蔵美術品をお持ちいただき、研究討論いたします。
価値のある美術品はホームページに掲載させていただきます。

次回開催日:2024年3月27日(水)

参加ご希望の方は写真(持ってきていただく美術品※3点まで)・氏名・連絡先(メール・電話番号)・住所・ご職業を明記のうえ、tsuyoshi@tomi.nagoyaまでご連絡下さい。参加基準を満たした方には詳細をご連絡致します。

個人収集品の研究討論会について

本館収蔵品紹介

名古屋東洋官窯陶磁美術館に収蔵されている
美術品の一部をご紹介させていただきます。

本館収蔵品紹介一覧

アクセス

名古屋東洋官窯陶磁美術館

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目26番21号 TOMIビル5階
TEL:052-541-2696

営業時間:9:00~17:00 (入館16:30まで)
休館日:土日祝(但し、貸切・事前予約・特別開館日は開館)
※ 特別開館日に関しては新着情報をご確認ください。
※ 休館日に入館をご希望する方は必ず事前(3日前)にお電話にて
ご予約いただきますようお願いいたします。
※ 特別貸切のご予約がない時に限り予約を受け付けております。


[ アクセス ]
JR名古屋駅より徒歩3分、大名古屋ビルヂング裏。
地下鉄名古屋駅4番出口、「ユニモール」地下街2番出口よりすぐ。

名古屋東洋官窯陶磁美術館 外観

駐車場のご案内

TOMIビルタワーパーキング

一般料金 15分 300円

※ハイエース、アルファード、ハリアー等の規格サイズは場内にて
お預かりが可能ですので、常駐スタッフに御声掛けください。

[ お得な駐車場回数券について ]
1枚15分/300円 10枚 2,700円
1枚15分/300円 20枚 5,000円

[ 駐車場営業時間 ]
平日 8:00~20:00
土・日・祝日 9:00~20:00

名古屋東洋官窯陶磁美術館 駐車場